SANGIOの部屋かいかい

うつ病に悩みつつ仕事と家庭に励む日々を綴ったつれづれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやこ3人、川の字で

女房の実家の一室で"おやこ3人川の字で"寝てみました。

私はベッド、息子はベビーベッド、女房はその間の谷で布団と段差はありましたが。
まぁ、ずっと夢見ていたシチュエーションということで。

ところが現実はそんなに甘くない。
なんせ3時間おきに授乳しなきゃいけないので女房は大変。
おっぱいあげて、まだうまく飲まないので不足分はミルクをあげて、その後ゲップ。
このゲップがなかなか上手にさせられない。
立て抱っこして肩の上に上体をあずけて背中をとんとんするが、空気を吐き出すのに時間がかかる。
毎回授乳したりゲップさせるのに1時間もかかってキャスバル君はぐったり。女房も心底ぐったり。

俺は睡眠剤飲んでいるので夜中はたまにしか起きないが手伝える時は手伝ってみた。
これがこの先ずーっと続くと思うと正直うんざりしますな。
断片的な睡眠だと朝起きてもボーっとした感じ。
自分が母親だったら確実にウツが進行するかも。

よく、「パパの仕事」と言われる沐浴を自分でやってみた。
キャスバル君を裸にしてガーゼかけてお湯に静かに沈めると気持ち良さそう。
空いてる手で石鹸使って身体をガシガシとこすって綺麗にする。
突然、頭をよじってしまったので顔からお湯の中に落下。
ものすごい声で大泣きされて弱った。
沐浴中はしっかりつかんでいないといけない。教訓その1。
見ると実際にやるではなかなか違うものだ。
両親学級での人形実習は動かなかったもんなぁ。

退院から丸一日付き添って様子もわかったので俺は自宅に撤退することにした。
帰りのバスで寝過ごして乗り過ごしてしまった。こんなことはじめて。
慣れないこと続きで疲れていたようだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sangio.blog32.fc2.com/tb.php/425-57039495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。