SANGIOの部屋かいかい

うつ病に悩みつつ仕事と家庭に励む日々を綴ったつれづれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錬金術2


さて、今日は主にAmazon出品に関してです。

前記事に書いたとおりAmazonはとても簡単に出品が可能です。
とはいえ、元々アメリカのサイトであり、特殊な用語も多く
とまどうこともあるかと思います。

1.出品準備
 まずはAmazonのアカウント登録をします。
 (既に持っている場合には不要です。)
  http://www.amazonservices.jp/jp/services/sell-on-amazon.htm?ld=AZFooterSOA  
 ここを参考に出品用アカウント(通常のアカウント+αの追加設定が必要です)
  を作成してください。
  私はAmazonの人間では無いので質問に回答できかねます(笑)
  最初は「小口出品者」として登録するべきでしょう。
  手数料が高いですが月額費用は取られません。

2.出品
 自宅にあるDVDやCDや本を出品しまくります。
 Amazonでの出品は簡単でサイトのあちこちにある「マーケットプレイスに出品」もしくは「商品を一点出品する」を選択します。
 「出品したい製品を探す」でカテゴリから「本・ミュージック(CD)・DVD・TVゲームソフト」等を選択し、本ならISBNコードを入力します。CDやDVDもバーコードの下にある数字を入力します。この時、ハイフン"-"は入力不要で連続して数値を入力します。
タイトルやキーワード検索より圧倒的に簡単です。
これで、意中の売り物が表示されればAmazonに通常出品可能です。
次にコンディションを選びます。ガイドラインに従えば良いですが。私は基本的に書き込みや頁抜けが無ければ「中古-非常に良い」を選びます。表紙に傷があったり汚れがある場合には商品説明に書きます。また逆に帯が付いていたり、買った際の紙カバーのまま残っていればそのことをアピールします。業者さんはここにいっぱい情報を載せますが、個人の場合は軽くあっさり一行くらいのコメントが好まれる傾向です。
「表紙の右下角が少し折れています。他は美品です。」←こんな感じ。

問題はその後です。「次へ」を押した時が運命の分かれ目!
他の出品者さんが同じ商品を幾らで売っているか最低価格が出ます。
この時に1円ということが非常に多い!

はたして1円で販売して利益が出るのか?ここが問題です。
Amazonの料金は次のようになっています。

例)文庫本を1円出品
  ①価格 +1円
  ②Amazon手数料 -160円
  ③配送料 +250円
---------

 1円購入とはいえ。購入者は①③で251円を支払います。
 ②はAmazonのルールで決まっており、基本200円+価格の?%。
  価格が200円に満たない時は別のルールで手数料が取られます(すみません、まだ調査してませんI

 それで、出品者には①②③を計算して91円が支払われるのです。
 ここで、クロネコメール便(厚さ1cmまで)を利用すれば送料は80円で済みます。
 儲けは11円です。おめでとう!
 しかし厚さが1~2cmですとクロネコメール便(厚さ2cmまで)ですと送料は160円です。
 売れたのにマイナスで収支は-69円になってしまいます!
 本はなかなか厚さ1cmというのはありません。

 業者が何故1円で出品しているのか?
 それは「大口出品者」として登録しているからです。
 月々の料金が取られますが②の手数料が小口より100円安い。
 上記の厚さ2cmの場合でも利益が出ます。
 毎月の販売数が50点を超えるなら大口登録のほうがお得です。
 最初は難しいと思います。

 1円となってしまったら、売れないことをあきらめ半分に100円とか
 値付けるのも手です。落札者は③配送料を加算されますから、
 251円の汚い本より351円の美品を望むかもしれません。
 ヤフオクのほうに出品したほうが良いかもしれません。

 出品で注意すべきは、セット販売ができるのか不明ということ。
 小説でもマンガでも全○巻というのを一気に買いたい人がいるはず。
 ヘルプを見る限りAmazonでもセット販売できそうですが、まだやり方わかりません。
 もしわかったら是非教えてもらいたい!

 あと、古過ぎてISBNが無い本やISBNでも本のタイトルキーワードでも検索されない場合。
 出品の際の検索では無く、Amazonトップから販売品で検索し、あればそこから出品することも出来ます。これは小技!

3.落札したら
 購入があるとメールで連絡が届きます。私は毎朝チェックしていますが、たくさん受注があると大変です(笑)
 まずは買ってくれた方に連絡。
 注文管理画面で売れた商品が一覧で見れますから購入者に対して連絡します。
 面倒なので、あっさりほぼ定型文です。
 「こんにちは!ご注文を承りました。明日の発送予定です。お買い上げありがとうございました!」
 でもこの一言を送らないで勝手に郵送したら怒られて悪い評価を付けられた事もあります。


つづきも書きたいのですが時間も無いので、今回はこれまで。
次回は梱包、宛名書き、発送の話題です。

テーマ:■オークション情報(売る・買う)■ - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sangio.blog32.fc2.com/tb.php/1253-fb589bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。