SANGIOの部屋かいかい

うつ病に悩みつつ仕事と家庭に励む日々を綴ったつれづれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミSSトレーディングカード ヒロイン人気考察

今更ながらアマガミSSの話題である。
アマガミSSトレカPR02

今年の3月末にアマガミのトレーディングカードが発売された。
あまりに出荷数が少ないからか店舗で商品を見かけることは無かった。
2BOXを事前に予約しており、正規購入はそれが全て。
残りはオークションで落札したりアマガミ仲間から譲ってもらった。
半年かけてちまちまと集め続けて全てのカードがようやく揃いました!!

レギュラー全103種だけではありません。
店舗予約特典3種、プレゼント応募2種を含む108枚を完全コンプです。
これがアマガミトレカの全てだと思います。認識している限り。
費やした金額は…おっとやめときましょう。

カードの内訳ですが…

◎レギュラーカード(トレカ製品)計103種
・SPレアカード6種
・SPカード15種
・キャラクターカード9種
・OP&EDカード6種
・ストーリーカード52種
・スィートショットカード15種

◎販売店予約特典
・PRカード3種

◎描き下ろしプレミアムカード(応募券プレゼント)
・プレゼントカード2種

で、前々から気になっていたのですが6人+アルファ居るヒロインの誰が人気なのか?
いや、聞かなくてもわかりますが製作者側から見て推しているのは誰か?
それを判断するのにトレカはもってこいだと考えます。

製作サイドだって売りたいですから、人気あるまたは推奨キャラを多く載せますよね普通。
各カードにポイント重みづけしてヒロインの人気ランキングを考察してみます。

ここで注意ですが

・対象ヒロイン
ヒロインと書いたが「キャラクターカード」に描かれた11人を分析。
レギュラーヒロイン6名+裡沙、美也。塚原先輩、高橋先生、そして変態紳士主人公も含む。
他にも田中恵子、伊藤香苗、茶道部先輩2名、梅原も登場するが、ごく一部のストーリーに限られるので除外。

・プレゼントカード
これは25パック分の応募券で2枚もらえます。
1パック9枚ですので225枚分の価値があり最も高価なカードですが、ヒロイン6人が平等に描かれておりランキングには関係しないので除外します。

・キャラクターカード、スィートショットカード
これも上記と同じでヒロインが平等に描かれておりランキングには関係ないので除外します

・SPRカード、SPカード
SPレアは10ポイント、SPカードは5ポイントとしました

・OP&EDカード
表裏含めて1カット登場で1ポイントとしました

・ストーリーカード
これも表裏含めて1カットで1ポイントとしました。
表面全面と裏面のミニコマが同じ扱いなのはおかしいという気もしますが
表に担当ヒロインと異なる人物が描かれていることもあるので妙な偏重回避のためです。

・PRカード
1BOX購入特典で108枚分ですので108ポイントとしました。

上記のルールで計算するとヒロイン登場ポイントは…

1位 七咲 逢   419pt
2位 森島 はるか 303pt
3位 中多 紗江  177pt

4位 絢辻 詞   175pt
5位 橘 美也   159pt
6位 棚町 薫   63pt
7位 桜井 梨穂子 62pt
8位 橘 純一   50pt
9位 塚原 響   11pt
10位 上崎 裡沙  10pt
10位 高橋 麻耶  10pt

さすがの2強!七咲&森島先輩強し!
この二人は原作から人気ツートップだったので当然の結果でしょう。
驚いたのが3位の紗江ちゃん。原作不人気キャラとのことでしたがアニメSSでてこ入れ??
そしてパッケージヒロイン絢辻さんはアニメの隠し玉でラスボス的存在でしたが僅差で4位。
5位には並居るヒロインを押しのけて美也が登場!
全編を通して兄の変態紳士と登場してましたね。
主人公と兄妹、森島先輩、紗江ちゃん逢ちゃんのクラスメイト、人脈で登場数を稼いでました、にしし。
薫、梨穂子はどうしちゃったんでしょうかねぇ?
特に梨穂子!アニメでの扱いの酷さが如実に出ていますな。
原作からのファンは結構多いのに。
裡沙ちゃんは、まぁ隠れヒロインで1話登場だから仕方ない。

こうしてみるとファンとして意外に感じるのが
アニメ3強は七咲・森島・絢辻だったと思ったのに
紗江ちゃんが大健闘で喰い込んでいることかな。

だって、ストーリーではありえない冒頭写真のような3ショットPRカード作っているんですよ。
製作サイドだって、この3人並べれば喜ぶとわかっているはず。

あとは残念・梨穂子ですね。茶道部の話題に取られ過ぎちゃった感じがしますね。
続編SS+plusのトレカが出れば一発逆転も…
あ、でも七咲の「おなか枕」には誰も敵わないか…
その前に、とても売れたと思えないこのトレカの続編は期待できませんが。

ここまでは、全カード登場キャラから考察するアマガミキャラ人気(供給)でした。
では需要(ファン)の側の意識はどうなのか?需給バランスがずれていないか?
余剰カードをオークションで出品しましたので
次は購入価格などからファン意識を考察してみます。

★追記
 ところで上記のランキングは結局PRカードの登場に左右されてます。
 3枚しかないPRカードの全てに七咲が登場。
 森島先輩が2枚、紗江ちゃん絢辻さん美也が1枚。
 そのままランキングに反映されてますね。

 <試行1>
  PRカード1枚108ptを登場キャラで分割、2人なら54ptづつ、とか
   →ランキング順位に全く変更なし!

 <試行2>
  PRカードのpt重み付けを下げる、一気に20ptに!
   →ランキング順位に全く変更なし!

 ということで、PRカードの影響大なのは事実ですが、どう調整しても結果変わりません。
 まぁPRカード自体が人気のバロメーターですので仕方ないのかもしれません。 



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。