SANGIOの部屋かいかい

うつ病に悩みつつ仕事と家庭に励む日々を綴ったつれづれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復職までの長いみちのり

毎日好きなようにブログを書いているが今日で8月も終わってしまうので、このネタを書かねばならない。

医者に「月末まで要休養」の診断書をもらっているので明日から出社するのが妥当なのだが。
しかし昨日、社内カウンセラーに相談したところ、社内産業医の復職許可を受けずにイキナリ復帰するのは会社のルール上好ましくないと言われてしまった。
さっそく産業医に面会を依頼すると今週は予約が一杯で来週の水曜にならないと面談できないらしい。
それまでに目黒の主治医からの復職許可の診断書ももらっておかねばならないとのこと。
もっと早く相談して復職準備を整えておけば良かったが、そんな気構えも心の余裕も無かった。

今回は復職に関して不安も大きいのでカウンセリングの予約もとった。
月末の勤務実績の事務処理の為に診断書を会社に速達で送ったりもした。
なんだかんだで精神的にとても疲れてしまった。

月頭から復帰できないので職場の上司にひさびさに連絡を取ったら理解を示してもらえたのは救いだが。
私が投げ出した仕事の一つの神戸もなんとか動いたらしい。。

その前に本当にオレは復職したいのだろうか。
この長い夏休みですっかり萎えてしまっているようだ。
こんなんで社会復帰できるんだろうか、心配がつのる。。。

すっかり暗くなってしまったが、これが本心。

スポンサーサイト

懸賞生活Vol.3

たのしーペットショップから当選のメールが。

「浄水器アズサーバー本体もしくはマイナスイオン浄水シャワー本体」が御当選。
本来応募したのはSONYのVAIOまたは図書券1000円分だったのだが、抽選にはずれた際の「セカンドチャンス賞」に当選したとのことだ。

アズサーバーは定価が20,000円。
浄水シャワーは定価が15,000円。
なかなかの高額商品の当選だ。

しか~し、我が家は既にもっと高い浄水器を愛用中。
浄水シャワーのほうは欲しいけどアパートのシャワーに取り付けられるか不明。
しかもよくメールを読むと今回の当選は本体だけで別途カートリッジ代金3,990円の負担とカートリッジ自動配送サービスの契約が必須とのこと。
なんだか話がやっかいになってきた。

これって携帯電話を無料で配って通話料で元を取ろうという商法と良く似てないかい?
このメール、応募者全員に送っているんじゃないかなぁ。
あれこれ悩んだあげく今回の当選(?)は見送りってことで。

これまでの獲得賞品総額53,685円(推定)変化なし!

ブログのアクセス状況について

意外なことにほぼ毎日続いているこのブログ、あまりテーマを決めずに駄文を書き連ねている。

gooBLOGにはカウンタの表示機能などがないので何人アクセスしたのかは管理人だけしかわからないようになってます。
このブログは平均して毎日130程度の閲覧があることになっています。

個人の心境を吐き出すだけのこんなサイトによくも付き合ってもらえているものだと訪問者のみなさまには感謝しております。
これだけのアクセス数がブログ継続のモチベーションの一つになっているのは事実です。

そんななかで、先週の8/27(金)だけアクセス数がなんと1日で1085pvも!

特にトラックバックを張りまくったわけでもないのに、いつもとは桁が違う数値に集計処理のミスじゃないかと疑っています^^;

この日は全gooBLOG中でも33,963BLOG中の41位にランクイン!
最初で、そしてきっと最後のランクインではないかと思いますので記念に記事にしました。

それにしてもgooのランキングは100位以内に入って初めて表示されるのであまり意味はないと思う。
既に34,000サイト以上で毎日毎日増加しているのにベスト100なんて。
どうにかしてくれないものかしら。
機能強化を激しく求めます。
無料なのに何言ってるんだって感じだけど。

出産立会い説明会に行った

女房の産院で出産立会の説明会があったので同行した。

出産に立会を希望している旦那は必ず聞かねばならないものらしい。
我々も含めて5組の出産が近い夫婦が集められ、先生から注意事項を聞いた。

やれ院内は禁煙だ、
携帯電話は禁止だ、
病室内は飲食禁止だ、
陣痛が始まったらいつ産まれるかわからないだ、
だから分娩室に入ったらむやみに外出するなだ、
予定日の前後2~3週間の誤差は正常出産だ、
赤ちゃんが産まれても子供のことをあれこれ訪ねるな、
ビデオ撮影禁止、カメラ撮影も禁止だ、
倒れても旦那の面倒まで見れないから血を見てショックを受けたらすぐしゃがめ、

などなど、当たり前のことから意味不明なことまで、ありがたくお聞きしました。
注意事項が多すぎてとてもあと2ケ月も覚えていられないのだ^^;

その後、実際のお産の様子を撮ったビデオを鑑賞。
「ひっひっふー」といきむ映像を見ながら思わずこっちも力む。
後産で出てきた胎盤の映像はかなりスプラッタ。
予想はしてたけど出産はかなり大変そうだとさんざん脅されました。
どの旦那もみんな居心地悪そうだった。

それにしてもビデオ撮影禁止かぁ。
「頑張るお母さん」を記念撮影する為にビデオカメラ購入しよかと思ってたのに、どうしようかなぁ~。

はたして人類は月に行ったのか?

「人類の月面着陸は無かったろう論」副島隆彦著。

書店でやたらと目についたので買ってしまいました。
アポロ11号で人類が初めて月面着陸した1969年は私の生年。
地球人類全体がアポロフィーバーで高校時代の同級には長男なのに十一郎君なんてのもいたっけ。

その月面着陸が実は嘘だったのでは?という話、UFO絡みのトンデモ本では良く目にしますが、この本はマジメそうだったので手にしました。

著者の主張点は主に以下の4つ。

1.NASAが公開している月面歩行の映像は本物か?誰がどうやって撮ったのか。

2.35年も前に月面着陸を6度も成功させたのだから、もう一度行ってみせてくれ。

3.何故月面を精密に写さないのか?アポロ計画の痕跡が見つかるはず。

4.現在でもロケットの軟着陸、再発射は技術的にできない。これもやって見せてくれ。

これらの疑問点には全くもって同感です。
しかし、着陸したことの証拠の証明責任はNASAにあり、我々着陸反対派は疑問を投げかければ良いだけだというこの本の論理には「?」です。

著者自らが文系を自認しており、(人間を文系、理系と分けるのも好きではありませんが)、感情的で科学的論拠が薄いのも致命的。
それを補完すべく自分のサイトに寄せられた"弟子"からのメールを転載するだけなのも能が無い。
また、同じ話題が何度も繰り返され、特に著者に対する謎の圧力団体の話がうざったい。
もう少し整理すればもっと良い著作になったのにと残念です。

ちなみにJAXA(日本宇宙航空研究開発機構)のアポロ疑惑に関する反論はこちら-> 人類は月に行っていない?

私自身は月着陸は捏造で実際は無かったと思っています。

いずれネス湖のネッシーや英国のミステリーサークルのように実は「やらせ」だったと証言する人が出て来るのでしょうか。
十一郎君の名前の由来の運命や如何に。


懸賞生活Vol.2

KNIT-GARDENから当選のメールが!

「オーダーメイド・オリジナル・ポロシャツ」が御当選!とのこと。
早速注文サイトを開いて長袖のポロシャツを注文した。
イニシャルやネームロゴを胸にデザインしてくれるようだ。
発送まで2週間ほどかかるようだが楽しみ楽しみ。
ちなみに送料込みでしめて9,765円分の賞品なり。
なかなか大型の当選品です^^;

これまでの獲得賞品総額53,685円(推定)

ところで私の懸賞応募のやり方はYAHOOの懸賞サイトから「本日締切」のコーナーにひたすら応募すること。
でもさすがに当選者数1名とかいうのは当選確率低いので避けてます。
あと会員登録やモニターとかもうざいのでパス。
とにかく応募しなけりゃ何も当たらない、のです。

冷蔵庫故障とか

昨日から冷蔵庫が壊れたらしい。

さっぱり冷えないし製氷されない。
今日は冷凍庫のストック食品がグジャグジャに溶けてきた。
脱臭装置の調子も悪いのかなんだか匂う。
修理サービスに電話したら出張修理は来週の火曜まで予約でいっぱいらしい。
しばらくはその日使う分の生鮮食品しか買えないことに。
先日のビデオ故障に続きなんだかついてない。

2年前に買ったPS2の真・女神転生3"NOCTURNE"をようやく終わらせた。
プレイしかけたまま1年ほど放置していたのだが攻略サイトを参考にストーリーを思い出しながらどうにかクリア。
エクストラダンジョンまでやりこんではいないが、なかなかハードで楽しめた。
悪魔全書の網羅率は73%だが2週目をやるだけの気力は無し^^;
メガテンシリーズは好きなのでさっそく新作のDEGITAL DEVIL SAGAを中古で購入。
今度はクリアにどれだけかかるだろうか。

オリンピックはサッカー敗退してから興味を失っている。
男子サッカーはベスト4にイタリアもパラグアイも残っているし。
やはり抽選運が悪かったんでしょうね。
だが、その強豪国に勝たねばメダルは取れないということで。
ワールドカップ予選を勝ち進んでくれれば何も文句は無いのですが。。。

祖母の見舞い

実家に居てもあまり家の復旧に手を貸すことができない。

手伝いといえば床下の泥を乾かすために終日まわしている扇風機の場所を動かす為に縁の下にもぐる父の補助をすることくらい。
せっかく帰省したが無力なり。

帰京する前に水害の時にボートで運び出されたままデイケア施設に収容されている祖母の見舞いに行く。

祖母の部屋は一階で水没してしまい、まだ床板を剥いだままなので自宅に戻ることができないのだ。
これから壁の塗り替えや床板の張替え畳の新調などでまだまだ時間がかかるだろう。

1ケ月以上も自宅に帰っておらず、さぞかし疲れて心配もしているだろうと思ったが、意外と元気だった。
GWに戻って以来、会っていない私の顔も、どうやら覚えていたようでちょっと安心。
土産に買っていったクリームケーキを美味そうに食べてくれた。

祖母の押入れから出てきたおそらく祖父の形見であろう男物の着物生地をもらう約束をした。
いつか呉服屋で和服に仕立ててもらって部屋着にしよう。

もうじき初のひ孫を抱かせてあげるから、それを楽しみに頑張ってくれよ、ばあちゃん。

"華氏911"を観て考えた

せっかく帰省したのに父は仕事、母は祖母の手術立会いで病院へ。
ひとりで留守番するのに暇になってしまったのでまた映画を見に行った。
「華氏911」。上映前から何かと話題の映画である。

マイケル・ムーア監督の「馬鹿でマヌケなアメリカ白人」という昨年発刊の著書を既読だったのでブッシュの大統領選の疑惑やブッシュファミリーとビンラディン一族との交友を暴露した前半部分はそれほど新鮮には感じなかった。
イラクに戦争を吹っかけたことに対する疑問や現状を映し出す中盤以降、兵士に対するインタビューなど見た事も無い映像が続く。
特に日本では公開されなかったアメリカ人襲撃事件のノーカット映像(車を襲い、焼死体を殴打し、引きずり回して木に架ける)は衝撃的だった。
身近に戦争経験の無い日本人として見た場合にムーア監督の言いたいことをどこまで理解できたのか疑問ですが、前評判どおり、政治とは戦争とはアメリカとは、といろいろと考えさせられる作品でした。

どこかの小泉君もディープブルーだけでなくって観なけりゃいかんよ、この映画。

私は単純なのでブッシュ批判はそのまま受け入れますが、では誰がアメリカの指揮者になればアメリカは変わるのか、ケリーで良いのか私にはよくわかりません。
ほかのブログの意見を読んでもだいたいが本作大絶賛のようですが、この映画みてアメリカがどうのこうの言う前に日本のことも考えたほうがいいのでは、とひねくれてみたり。

ただ、映画として面白いかというと2時間超のドキュメンタリーは辛いです。
たとえば1時間づつ頭を整理しながら観てみたかった。
詰め込み過ぎで後半ややギブアップ気味。
クスリのせいでちょっと眠っちゃったり。
私の頭が悪いからなんでしょうか。

実家からです

実家の様子を見に三条に戻ってみました。
先月7.13の水害やお盆も帰らなかったのでずっと気になっていたので。

実家は聞いていたとおり1階の和室がすべて使えなくなったまま。
畳をはずして板がむき出しでところどころ床下に扇風機を入れて床下の湿気を強制換気している状態。
土壁の水に漬かった箇所は崩れていて塗り替えが必要そう。
1階の家具で生き残った物は2階に上げてあるので2階の生活空間も散らかってて大変です。

1階の台所、バス、トイレは使えるのでとりあえず生活に支障は無い様子。
とりあえず大工の工事待ちの状態で私に手伝える作業はほとんどないようです。
電話で状況は聞いていたが自分の目で実際に見て少し安心しました。

町を歩いてみると路上のゴミも無くあちこちで大工工事のつち音が響いています。
大工が足りず引っ張りだこだとか。
車も地域全体で数千台が廃車となり車業界も活況らしい。
近所の川にかかっていた木の橋が2本きれいさっぱり無くなっていました。
五十嵐川にかかる木の橋も一本は通行止めのままのようです。
今回の洪水が如何にすごかったかわかります。

実家では両親に見舞金を渡し、弟夫婦も一緒に寿司を食べに行きました。
ちょっと落ち込み気味の両親も大勢そろうと元気が出るようで、帰省して良かったと思った。

ところで"実家"という言葉、正式には男は使わないと以前何かのセミナーの講師に聞いたことがある。
結婚して嫁に行った娘だけが使う言葉だと。
親元とか生家というのが正しいらしいが、私の場合は生家でもない。
やっぱり"実家"で通させてもらおう。

キューティーハニーとキャシャーンを観る

さっそく当選した映画招待券を使うことにした。

目黒シネマでなんとキューティーハニーとキャシャーンの二本立て。
それにしてもとんでもない同時上映だ^^;
初めて入ったこの劇場は確かに古い。小さい。
2本立てサービスでもしないと客入らないだろうな。

キューティーハニーはアニメそのまんま(良く知らないけど)。
高い金出してよくこんなバカバカしい物を撮ったな、って感じ。
サトエリのナイス!プロポーションと妙な元気さがとりえの映画。
頭からっぽにしてTV特撮物の延長として見れば楽しめます。
まぁ、もともと女の子向けの物語ですから・・・。
時々挿入されるアニメ調のカットが笑えました。

一方のキャシャーンですが。
これが、面目ないことに冒頭から寝入ってしまい、ストーリーを追えていない。
本当に良く眠れました。青い雰囲気の画像だけが印象的。
なんだかメガテンを実写化したような映像が延々と続く。
うつらうつらしてるまにエンディングの宇多田ヒカルの曲が。
いやぁこの「誰かの願いが叶うころ」いいねぇ。
・・全然映画の感想になってないですね。

つまんないわけじゃないです。念のため。
同行した女房はキャシャーンにはちょっと感動したと言ってました。
映画観る直前に飲んだ昼食後の薬が悪いのです、きっと。
タダだったので気が抜けたのかもしれません。
劇場でこんなに寝たの初めての経験だろうな。

白い巨塔 田宮二郎版

昨日から何故かフジテレビで昔の白い巨塔をダイジェストで連日放送してた。
原作小説からのファンでオリジナル版にも興味有ったので食い入るように見てました。

いやぁ、良かったです。
ダイジェスト放映なので細かいところははしょられてしまっていたが、こないだの唐沢財前版より重厚で味が有りよっぽどいい。
年輩の方がよく「田宮二郎版のほうが良かった」って言ってた意味がやっとわかりました。
時代設定だけでなく役者の力量が違うような気がします。
今思えばリメイク版は軽くてトレンディドラマみたいだね。
まぁ、放映時には気にならなくて夢中で見ていたクチでしたが。

しかしDVDのコマーシャルが上手いね~。
全話を省略しないで見てみたいと思わせる。
思わず買いたくなったです。

懸賞生活Vol.1


昔からネットで応募できる懸賞に頻繁に応募している。
昨日ひさしぶりに当選が出た!

「目黒シネマペア招待券」
あさなんパレットさんからの当選。
目黒シネマとはマイナーな劇場だが2本立てで映画が観れるのはお得!
さて、何を観にいけるのかな~。
一般入場料1500円が2枚分なので3000円分の商品ゲット!


ここで、今までの当選品の履歴を一挙公開!

・2001/10/19 サントリー美術館ペアご招待チケット
・2001/10/19 QUOカード500円×4枚
・2001/10/20 養麗健茶3包
・2001/10/24 東京近代国立美術館工芸館「現代の布」展ペア招待券
・2001/10/28 A BOOK MY DIARY 自分で作る日記
・2001/11/03 独製グレムリン・ギズモのキーチェーン
・2001/11/03 プロポリス・ローヤルゼリーサンプル2点セット
・2001/11/13 ヘア&ボディ、トライアルセットとスキンケアトライアルセット
・2001/11/13 フィトン君・消臭セット
・2001/11/15 Lモード対応コードレス電話機
・2001/11/22 おまけフィギュア・海洋堂・全カタログ
・2001/11/25 FIFAワールドカップオリジナル親子トートバッグ
・2003/12/04 ペンションエプロンおばさん平日一泊無料招待券
・2003/12/19 アルミ製バルコニー花台
・2003/12/23 ペンションハーフトーン平日宿泊券
・2003/12/26 レベルX「テレビゲームの展覧会」招待券2枚
・2004/01/09 試飲用茶「知覧-後岳山」

本日までの獲得商品の総額は43,920円!(推定)

展覧会の招待券などが多いが、もっと切実に金券や米とか食料品が当選して欲しいものである^^;

旧約聖書を知っていますか

阿刀田高の「旧約聖書を知っていますか」を読んだ。

平均的日本人の私は無宗教派(どっちかというと仏教か?)だが、ダ・ヴィンチ・コードを読んだり美術館で宗教画とか見たりするたびにキリスト教ってなんだろう?という疑問が湧いていた。
ヨーロッパの文化の根幹を成すキリスト教を少しでも理解できればと思いこの本を読んでみた。

いやぁ、浅はかでした。
この本は旧約聖書なのでキリスト教ではなくユダヤ教の聖典でした。
だからイエス・キリスト様は全く出てこない^^;

そんな無知な私でも旧約聖書をエッセイ風にダイジェストで紹介してくれたこの本は楽しんで読めた。聖書入門書の初歩の初歩。

ユダヤ人がなぜイスラエルにこだわるのか。
唯一神が(人間側からみて)なんと理不尽でわがままなものか。
そんな神をひたすら信じることの大切さを伝える聖書が良くわかった気がした。

この本を読んでもまだキリスト教にはたどり着いていないのですが、聖書はなかなか面白い本です。さすが世界最大のベストセラー。

別に読後に信心深くなったりしないが全く知らなかったユダヤ教に対して興味は湧きました。

この文体で古事記とかも書いてくれないかな、阿刀田さん。

スパイダーマン(1作目)を見た

WOWOWで放映されたスパイダーマンを観た。

今上映されて話題の「2」ではない、前作だ。
友人からの薦めでスパイダーマンに興味はあったのだが蜘蛛嫌いの女房のために劇場で見ることはなかったのだ。

遺伝子操作で生まれたスーパースパイダーに噛まれたダメダメ青年ピーター君が驚異的な能力を身につけてしまいヒーローとして活躍する。
アメリカンコミックの原作本のことは知らないが、超人となってしまったピーターが周囲に知られないように苦悩しながら悪人と戦う姿は心が痛む。
よくある能天気なヒーロー物と一味違い孤独感あふれるところが深みがあって良い。

両腕から蜘蛛の糸を自由に飛ばしターザンのようにNYの摩天楼を飛び回るシーンはなかなか爽快だった。
ピーターが思いをよせるMJがイマイチ萌えないのが難点だが、公開中の「2」を観たくなってしまった。

ビデオデッキ壊れる

10年間使ったビデオデッキが壊れてしまった。

94年製のSONYのVHSビデオデッキで、柏に滞住時代に近所の電器屋で買った物だと記憶している。
SONY製品としては良くもったもんだとも思う。

ちまちまとレンタルして見続けて来たガンダムSEEDの12巻を見終わった後、イジェクトボタンを押しても全く反応せずテープが出てこない。
ボディカバーを開けて引き出せるかと悪戦苦闘したがテープデッキ部分が固く格納されたまま。
テープ媒体も再生時のように本体に巻き込まれたままだ。

困った末にSONYのサービスセンタに電話して相談したが出張修理に最低12000円もかかると言う。
修理パーツによってはさらに追加費用がかかるそうだ。
修理マンに来てもらっても既にテープが絡まっており、レンタル屋への弁償はあきらかな状態に見える。

レンタルビデオ屋に電話したら新作なので弁償は定価買取料金の9800円だという。
悩んだ末にビデオデッキの修理のほうをあきらめビデオを弁償することにした。

これで我が家でビデオの再生ができなくなってしまった。
昔録画したサッカーの試合とかお宝ビデオがたくさん有るんだがなぁ。
(アトランタ五輪のvsブラジル戦とか柏ナビスコ杯初優勝とか)
TVの録画はDVDでできるので安い再生専用機でも購入しようか。

それにしてもガンダムSEEDあと1巻で完結だったのに。
近くのレンタルビデオ屋にはビデオしか置いてないんだよなぁ。
せめて全52話制覇してから壊れて欲しかった。
なんだか妙に悔しいです。。。

五輪代表vsガーナ戦

観ないで済ませるつもりが眠い目をこすりながら観てしまった。

既に予選リーグ敗退が決まり報道の露出度もめっきり減った山本ジャパン。
どうせ休んでいるので最後の試合くらい観ておこうと睡眠剤を飲まずに深夜のTV観戦。

若い五輪代表に特有のボールに対するひたむきさがストレートに感じられて良かった。
前半の大久保のゴールは眠気で記憶が遠くなっていて見過ごしたが(オイオイ)、ガーナの高い身体能力に負けずに全体的にボールを日本がコントロールできていたと思う。

なけなしの1点を守りきって遅すぎる1勝と勝ち点3をあげた。
ガーナも決勝T進出の為に必死だったが日本の意地が上回ったか。
スタジアムに日本人の応援者も大勢いた。良かったですなぁ、勝ち試合が観れて。
今回の予選はまさに死のグループ、くじ運が悪すぎましたな。
山本ジャパン、もっと見たかったです。

「アテネ発ドイツ行き」山本監督が良く好んで使っていたコメントだが、予選リーグ敗退したこのチームからA代表に選ばれる選手がどれだけいるのだろうか。

それにしても深夜のライブ観戦はこたえます。
次の日が使い物になりません。
仕事しながら観てる人いるんだろうなぁ、頭が下がります。

vsアルゼンチン戦

オリンピックで盛り上がるこんな期間中になぜか開催された国際Aマッチ・日本代表vsアルゼンチン戦をTV観戦。

双方ともに超一流クラスの選手を欠き準A代表とも見えるメンバ構成で戦うことにどれだけの意味があったのか。
日本の場合はアジア杯で大活躍した中村、川口を欠いた純国内組での挑戦。
W杯アジア予選のメンバとも異なるためにインド戦の準備試合とも位置付けられない。
いわば両国の層の厚さ、底力の比較が見どころになるのだろうか。

その点、アルゼンチンは若手主体とはいえやはり上手かった。
ボールが足に吸い付くようにスルスルと日本守備陣を突破していく。
日本はホームゲームなのに身体が重く、横パスやバックパスばかりで全然攻略できない。
シュートも無い。コーナーキックすらほとんど取れない。
もし俊輔がいたら、中田がいたらとちらっと思うシーンは有った。
しかしアジア王者とはいえ南米国とはまだまだ大人と子供ほどの実力差があることを痛感。

それでも日本は2失点のあとCKからの鈴木のヘッドで1点ゲット。
セットプレーだけは確実な日本の武器になっている。
ホームだからせめて引き分けて欲しかったが結果は1-2で敗戦。

アルゼンチンとは何度も練習試合をしている。
前回1-4、前々回0-2から考えて、今回の1-2という結果はジーコジャパンとして成長しているといえるのだろうか。
微妙だ。。。

こっそりハローワークに行ってみた

医者に行って先週から出社できず悩んでいることについて相談した。

センセイと話していると自分で勝手に自分の状況を整理してしまう。
これは鬱ではなく、"サボり"なのではないだろうか。
外に遊びには出れるのに会社に行けないのは"職場の何かが嫌"なだけではないだろうか。

そうだとするとこれ以上病院で治療してもらう術は無い。
とりあえず無断欠勤を続けるわけにいかないので、診断書を出してもらい今月末までを療養期間にしてしまった。
またしばし会社を離れたリタイア生活です。

センセイと話しながら、つい、「退職も・・」と口走ってしまったので勢いで帰りに五反田のハローワークに寄ってみた。
初めて行ったそこは仕切りに区切られた端末が並び、大勢の人が真剣そうに端末に向かっていた。
部屋全体に妙なオーラが漂っていて異様な雰囲気。

受付係に指示された端末に向かうとタッチパネル式の求人情報装置が。
検索条件に年齢と希望勤務地、希望収入、休日条件、職種を入れて求人票を検索するシステムだ。
なかなか使いやすくできている。
大田、品川、港区近隣でコンピュータ系の仕事を絞り込むとアルはアルは約900件の求人が!
しかし、仕事の内容がJavaだのCだのWebアプリケーション開発だのが多くてどんなシステムの開発なのかイマイチ要領を得ない。
また、自分にいまさらコーディングができるだろうか、と不安も出る。
私が過去に業務経験が有る言語はUNIXベースのCOBOL(!)が2年間だけ。
ネットワークもシステム管理も苦手な私に何ができるのか。しばし呆然となる。

こんなことなら真剣に勉強して資格を取っておけば良かった。
自分に一番足りないのは向上心ではないか、と求人端末を睨みながら思い至ってしまった。
本当に職が無くて求人情報を求めている人たちの中で何をやっているのだオレは。

少し頭を冷やして休養して、そして勉強しよう。
まだオレには戻れる場所がある、はず。

山本ジャパン散る!私も散る!

サッカー男子五輪代表がイタリアにも敗戦。

今回は生中継での観戦もしておらず朝のダイジェストで結果を知っただけなので試合の感想の言いようも無いです。
多くの他の人のBLOGに書かれているとおり点取られすぎですね。
2試合とも1点差まで挽回しているのには可能性を感じますが結果は負け。予選リーグ敗退。

残り1試合のガーナ戦が完全な消化試合になってしまいました。
その試合を高い金出して生で応援しに行く人もいると思うと辛いですね。
かつてフランスW杯のジャマイカ戦を観に行った私がそうでしたが。
私はこの山本ジャパンというチームが好きですので、せめてラスト1試合は意地を見せてもらいたいものです。
あいかわらずライブでは観れない見込みですが。

さて、世間では盆休みも終わって仕事しているようですが私は相変わらず回復せず。
さほど体調は悪くは無いと思うのですが会社や仕事との折り合いがつかないような状態です。
今日まで主治医の先生が夏休みなので明日医者に行って相談してみます。
でも、もう薬では癒せないステージに来ているような気もします。
まともなサラリーマンに戻れるのだろうか。。

大田区の花火


今年三度目となる花火大会に出動。大田区主催で多摩川の河川敷で打ち上げられる大会。気温が低く寒かったが川崎駅付近の夜景をバックにした花火はきれいだった。税金納めてるんだから楽しませてもらわなきゃ!

オリンピックざんまい

アテネオリンピック開幕。

それにしてもなんでしょう、この時差のタイミング悪さ。
一番観たいサッカーとか深夜の中継なので睡眠薬の常習者の私には楽しむことができません。
結果を知った翌朝に録画放送を見るのも味気ないしなぁ。

そうそう、注目のサッカー男子、初戦を落としてしまいました。
4年前はキャンベラまで応援に行ったものなのに今年はTV中継すら見てない。
うーむ、年齢を感じるぜ^^;

さて、今日は女房の友人がお昼に遊びに来て昼食会。
ひさしぶりに禁酒を解禁して昼間っから発泡酒などを飲んでしまった。
暑いのと禁酒で耐性が無くなってるのかすぐにまわるまわる。
酔っ払った頭で女子ソフトの試合を見てました。
オーストラリア投手の暴投から先制したけど結局は逆転されて敗戦。

その後も次々と中継される競技をリビングにTVを2台設置して同時観戦。(こうゆう時に液晶アクオスは便利!)
うー、ソフトにしろバレーにしろ負ける日本を見てると欲求不満が溜まる・・・・

・・・と思ってたら、やってくれました夜の柔道!
野村!谷!最高!
IPPONが決まったときの爽快感は格別です。
不言実行ということばが有るが、その上を行く有言実行!
「本命確実」という周囲のプレッシャーをはねぬけてみごと金メダル。
よくやった!おめでとう。
なんだか元気をもらった気がします。

それにしても男子60kg級って・・・軽いなぁ。
私が出れるとしたら?・・・・いかんダイエットしなきゃ(汗。

ザ・コアを観たけど

性懲りも無く映画の感想。
ちょっと前にWOWOWでやってたのを録画してたのをやっと観た。
たしか去年上映された映画かな。

なんつーか、一口で言って荒唐無稽な話だ。
地球の外核(コア)の回転が止まってしまい地磁気が乱れたり失われたりして災害が起こるというパニック映画。
鳥が暴れ回ったり磁気嵐がローマを襲うシーンは、どこかで見たような気がするがなかなか迫力がある。

しかし、この映画、一応はSF作品だからサイエンスを前面に出しているにもかかわらず「そんなあほな!」って突っ込みどころが満載すぎるのだ。

地球を救うために地核まで掘り進む?
核爆弾を撃ち込んで衝撃でコアを回転させる?
なんだか大隕石映画でもそんなことしてなかったかい?

芋虫みたいな掘削メカ"バージル号"もすごい。
潜れば潜るほど耐久度が増すシステムって、なんですか?

必然性も無く犠牲となっていく隊員の方々。
都合よく最後尾のブロックから壊れていくバージル号。
なんでもできる天才少年ハッカーの秘密兵器への侵入。
それでも最後は核爆弾サマサマの力でハッピーエンドに。
実にご都合主義の映画です。

なんじゃそりゃあ!と笑いながらもそこそこ楽しめました。
B級娯楽作品です。

そういや劇場公開当時、山手線沿線の日の丸自動車学校がシンボルの大きな赤玉校舎をザ・コアのPR用に青く塗られていたのを思い出しました。
それがきっかけで録画したくらいなので宣伝効果はかなりあったみたいですね。

葛藤

毎日おもしろおかしくブログを書いているが、今週は仕事に行っていない。

正当な夏休みというわけではない。
月曜は代休だったが、あとは予定外の無断欠勤だ。

朝起きてもどうしても身体が動かない。
いや、以前と違って身体に変調は無いのだが心が出勤を拒否している。
いちおう朝食は取るのだがその後シャワーをあびたくない、着替えたくない、また寝床に戻ってだらだらとしてしまう。

「朝起きて出社する」その普通のことが全くできない。
休むことが普通のことになってきた気がする。
出勤時間の8時から10時頃まで布団の中で、行くか休むか、ものすごい葛藤を繰り返している。(結局行かないんだけど)

毎日毎日・・・。
苦しい。辛い。職場の皆に申し訳ない。自分が情けない。
職場に自分の居場所が無い気分。

精神状態が不安定で医者に行きたいが今週は病院も夏期休暇。
今日は社内のカウンセラーと面談の約束があったが田町に行く気力がわかずキャンセルしてしまった。

この先どうなってしまうんだろう、不安だ。
また診断書を出してもらって長期離脱してしまおうか。

百器徒然袋~風~を読了

京極夏彦の新作「百器徒然袋~風~」をようやく読破した。

今回もあいかわらずの厚さで520ページもある。
短編というか充分読み応えのある中編が3部作だ。
「探偵小説」と銘打ってあり、おなじみの薔薇十字探偵の榎木津サマが大活躍。
あいかわらず全然探偵っぽい推理とかはしないのだが。

今作は「招き猫」「鏡」「面」がテーマだが、3作とも本島という、しごく平凡な男が主人公で語るので感情移入しやすく読みやすい。
京極堂シリーズは偏執的な狂人が一人称で語るような作品が多く、読みにくい物もあるのだがこの「探偵小説」は爽快で気分が良い。
前作「オンモラキのキズ」(漢字が面倒い)に比べても読後感はすっきりしている。

ただ、いつもどおり今回もストーリーの展開が遅い。
この作家の特徴でもある伏線と脱線だらけだ。
ちょっと読んでいてじれったくなってくる。

それと、今作の京極堂は親切すぎませんか?
なんだか丸くなってしまった気がする。
ウンチクの多さととっつきにくさが身上だったと思ったが。

ところで、第1作「ウブメの夏」の映画化決定!
あの暗~い雰囲気をどう表現するのか楽しみです。
私的に一番ヒットの「魍魎の函」も是非!

ジュニアは男の子

産まれてくる子供の性別が男の子と言われた。

友人の場合ではもっと早い時期に性別を教えてもらったそうだけど、女房が通院している産婦人科が慎重なところで8ケ月になるまで教えてくれなかったのだ。
自分自身が男兄弟ばかりだったので女の子の育て方なんてわからない。
だから正直いって男の子でうれしいです^^;

成長したら虫取り行ったり、釣りに行ったり、一緒にスポーツしたりできるかな。
キャンプやツーリングするってのも夢かな。
なんだか遊ぶことばっかりですね~。

順調ならあと約2ケ月でご対面です。
楽しみ、楽しみ。
無事に生まれてこいよ~。

サンダーバーズ・アー・ゴー!

映画サンダーバードを見てきた。

おなじみの、「5・4・3・2・1・・・サンダーバーズ・アー・ゴ
ー!!」ではじまるオープニングアニメはオールドファン感涙もの。
各レスキューメカもうまいことリメイクされており、時代を超越したスーパーメカ感が良く出ていたと思う。

普通の映画としてみれば良くできたアクション活劇。
なんだかスピルバーグの娯楽作品みたいな映画だった。
なんの前知識もなく、一緒に観た女房も面白いと言ってた。

しかしオリジナルのファンとしてはチト物足りない。
そもそもサンダーバードはスーパーメカが主人公だと思う。
今回の映画がアランを中心とした人間ドラマだから違和感を覚えるのだろうか。
家族愛や友人との信頼の重要さを描くのは他の映画で充分だ。
もっともっと1号、2号の活躍シーンが見たかった。
スコットやバージルの緊迫感あふれる救出劇が見たかったのだ!

いや別にこれはこれで良くできているのだが。。。
うー、なんかレビュー書いてて消化不良。

今日の劇場は観客の年齢層が異様に高かった。
オレも含めておじさん密度が濃い。
みんなどんなふうに感じたのだろうか。

ペネロープを見てもどうしても黒柳徹子を思い出す私は、やはりオリジナルDVDボックスを購入するしかないのか。

マツケンサンバで盛り上がる神宮花火


神宮外苑花火大会に行ってきました。

今年は芝生にシートを広げて陣取って見ることのできる神宮軟式球場の席を購入。自由席1000円なり。
花火見るのに金払うのかぁ!とか思うが、ここではミニ野外ライブも楽しめるのでなかなか楽しいのだ。

まだ暑い2時前から開場待ちの列に並んでライブステージの間近に陣取ることができた。

やがて新田恵理と三遊亭楽麻呂の司会でイベント開始。
大道芸スペシャルのジャグリングや西浦達雄のライブでは拍手もぱらぱら状態でしたが、鈴木亜美の登場でステージ近辺に人が殺到。

さすがあみーごは人気あるなぁ。
浴衣姿もかわいいし歌もうまい。
俺はスターだ!って感じの小金沢昇司のショーも良かったが、圧巻はスペシャルゲスト松平健のマツケンサンバ!
ド派手な衣装と腰元ダンサーズを従えた健サマ!
なんですか、これは?

俺は知らなかったんだが、舞台公演だけでのショーだったのが人気に火がついてCD発売するほど大人気らしい。
全員総立ちでノリノリのライブとなった。
マ・ツ・ケ・ン、マ・ツ・ケ・ン、マ・ツ・ケ・ン・サ~ンバ~・・・オレ!!!
・・貴重な物を見せてもらった。

本編の花火ですが、これも素晴らしく良かった。
すぐ隣りの神宮第二球場で打ち上げるんで至近距離で花火が見れる。
サイズが小さいスターマインばかだが一気に1000発も連射するズドドドっていう打ち上げの音が腹の底から響くのは快感。
都心の真ん中なので尺玉クラスの大玉は無く、打ち上げ高度も低い花火ですが爆発点が近いので迫力満点。
大勢の観客と一緒に「おぉー!」とか「うわぁー!」とか言いながら観るライブ感覚は最高でした。

神宮花火大会は女房と出会った場所で、我が家では特別なイベントの意味もあり。。
また来年も行きたいですねぇ。

アジア連覇!

サッカーのアジア杯が終わりました。
決勝の相手はホスト国の中国。
ものすごいブーイングの中で本当に日本はよく戦いました。
レベルの差をみせつけた危なげない試合運び3-1完勝で大会2連覇。
ここ何試合か手に汗握る戦いを見てきただけに貫禄勝ちに見えました。

と喜んでいる裏でちょっとヒネクレタ見方を。。

本当に日本は強くなっていくのだろうか。
確かにアジアは制した。
これが実力であれば当然ドイツW杯にも行けるだろう。

しかし、この大会には昨年まで優遇されていた"海外組"の中田ヒデ、小野、稲本、高原がいない。
今まで冷遇されていた国内組が中国で長い練習期間をかけてコンビネーションを磨き、信頼関係を築き上げてきての今日の結果だろう。
この後ジーコ監督はどのような選手起用を行うのだろう。
アジア杯までのヒデらを中心としたチームはボール回しは上手いが選手全体がクールな印象で勝利に対する執着心があまり感じられなかった。
今大会は全員が勝利を最後まであきらめず、粘り強い試合運びで見ていて好感が持てた。
どちらのチームが今後の代表のベースと言えるのだろうか。

この大会で結果を出してしまったジーコを批判する理由が無くなってしまった。
運も実力のうち、勝てば官軍である。
今後も厳しいワールドカップ予選が続くが、また海外組をわずかな練習期間だけ合流させて固定メンバで起用するのだろうか。

ここのとこ目立たなかったが今日の俊輔は良い仕事してました。
私は今日のチームの続きが見たい。
玉田の躍動する姿も見続けたい。


それにしても中国、なんとかならんでしょうか。
中国人を嫌いになってしまいそうです。

国際救助隊になりそこねた日


本日から映画"サンダーバード"の公開日。

なにを隠そう以前からメルマガ隊員に加入していてジェフ・トレーシーからの秘密指令を受け取り続けていたのだ。^^;

"今日の有楽町での公開キャンペーンのボランティア隊員100名を急募"との緊急指令に「せっかく都内に住んでいるから」と、いっちょ申し込んでみたのだが、今もって当選メールの連絡なし。

「地球のためにできること」をテーマに国際救助活動(謎)をするはずだったのに・・・。
そんなに隊員希望者が多いのだろうか。

参加するともらえる限定Tシャツが欲しかったよぉ!
V6が話題のこの映画、隊員の年齢層も知りたいものだ。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。